自社サイトを作る上で必ずやっておきたいSEO。サイトに使う中古ドメインを探すところからもう対策は始まっていると言ってもいいでしょう。より質の良い中古ドメインを見つけてSEO対策をしていきましょう!

中古ドメインの探し方から始まるSEO

qrコードで中古ドメインを管理する方法

qrコードはURLをスマートフォンで読み取るためのツールです。中古ドメインを購入して管理するときにどのサーバーにドメインを設置したのかを覚えるのは大変。リンクの送り先やその他のバランスを考えたときにどの中古ドメインがどこにあるのかもわかりにくいものです。
qrコードは画像として保存することができますし、シリウスを使ってサイトを運営している方ならタグの追加でいつでも確認することができます。サイトのqrコードを保存して画像として管理しておけば、いつでもどこでもURLを見つけることができますね。
また中古ドメインの管理方法としておすすめなのがグーグルドライブのスプレッドシートを使ったやり方です。この方法なら会社のメンバーと共有するのもカンタンですし、それほど手間になりません。変更がその場で反映されるためネームサーバーの変更やドメイン登録も色分けしておけば一目瞭然です。ドメインの管理をおろそかにしていると、使っているドメイン、使っていないドメインが把握できず宝の持ち腐れとなってしまいます。また中古ドメインの場合は鮮度が大切なので、エラーの状態で長く放置しているとリンク効果が切れてしまい、中古ドメインを運用するメリットがなくなる危険性があります。更新を忘れてしまうことを防ぐ目的でもドメインの管理は重要な作業です。
バックリンクとコンテンツの充実が現在の上位表示には必須条件となります。qrコードだけに限らず、様々なツールをつかってわかりやすく管理できるようにしてください。リンクの状況がわかりやすければ、次の戦略も立てやすくなります。中古ドメインを上手に活用して、自社サイトの上位表示に役立ててくださいね。