自社サイトを作る上で必ずやっておきたいSEO。サイトに使う中古ドメインを探すところからもう対策は始まっていると言ってもいいでしょう。より質の良い中古ドメインを見つけてSEO対策をしていきましょう!

中古ドメインの探し方から始まるSEO

独自ドメインと中古ドメインのnaviからみえる利点

ドメインの取得を検討したときに、真っ先に上がるのが独自ドメインになります。自分で好きな文字数列をつくり、比較的自由に取ることができるのが独自ドメインの優れている点です。好きな文字を並べることができますので、本サイトの運営に適していると見えます。ただ取られている文字数列は取ることができません。組織分類を変えたりするか、あきらめないといけないこともあります。

また中古ドメインでサイトを運営する方法もひとつの方策です。ただこの場合新規の独自ドメインよりも、SEO効果が優れている点が挙げられます。ドメインは過去の検索エンジンが与えた評価を引き継ぎますので、中古ドメインを取得しただけで、SEO対策を行うことができます。ただページランクが高く、バックリンクが多かったり、年数が経過しているオールドドメインとなると高い値段で取引をされます。また中古ドメインは売りに出されていなければ購入することはできませんので、業者に予約などをしてその時を待たなければなりません。

このようなドメインに関するnaviを見てみると、どちらが優れているのかは、運用しているサイトによって評価が分かれるところでしょう。本サイトを運営する場合、どちらかといえば独自ドメインの方が本腰が入るはずです。決められた文字数列となる中古ドメインの活用はSEO効果を見込むことができますが、大切な本サイトに用いることに抵抗感を感じる人も多いです。一方、本サイトに人を集めるために貢献するサテライトサイトは、どちらかというと中古ドメインに向いています。ただでさえSEO効果が高くなるのが中古ドメインになりますので、人を集めることに長けています。そこから本サイトに流すことも可能になるでしょう。