自社サイトを作る上で必ずやっておきたいSEO。サイトに使う中古ドメインを探すところからもう対策は始まっていると言ってもいいでしょう。より質の良い中古ドメインを見つけてSEO対策をしていきましょう!

中古ドメインの探し方から始まるSEO

中古ドメインを所得したときの住所とマッピングの注意

まず、ドメインとは一年更新のサイトを公開するときに必要なものです。代表的なものはgoogle.comやyahoo.comなどです。webを公開しなく、契約を更新しなくなった期限切れのドメインが中古ドメインと呼ばれるものになります。中古といっても例外で、安くはなく逆にとても高価なものです。その理由は、特殊なメリットにあります。中古ドメインのメリットはドメインエイジが昔のままで古い、Googleのページランクが引き継がれている、インデックススピードが高速、リンクされた情報が引き継がれる、カテゴリ登録も引き継がれる、というものになります。サーチ上位に来るので、アフィリエイトや広告を主体にしているweb業者などがこぞって買い求めるようになりました。
中古ドメインは前の契約を引き継いで契約し、期限を延ばすので基本的にはwebの情報も引き継がれるものとなります。そこで大きな問題となるのが個人情報の漏えい問題です。度中古ドメイン市場でもやはり大きいものが中華名義の中古ドメインです。そのドメインはどうしてもセキュリティ問題に欠陥があることが多いです。その中でも注意したいのが住所のマッピングをしてしまったときです。実際にあったミスだそうですが中国業者の中古ドメインを契約するときに自分の住所をマッピングしてしまい、個人情報の漏えいにつながったという件です。そのままなにもなければいいのですが、中古がゆえ元のリンクされた先の情報などたくさんの情報が残っていてどこからウイルスや悪質な詐欺を仕掛けてくるのがはっきりわからないのが現状です。こういったトラブルを未然に防ぐために、ちゃんとした知識をつけて正しくドメインをつかってweb運用をすることが問われるでしょう。