自社サイトを作る上で必ずやっておきたいSEO。サイトに使う中古ドメインを探すところからもう対策は始まっていると言ってもいいでしょう。より質の良い中古ドメインを見つけてSEO対策をしていきましょう!

中古ドメインの探し方から始まるSEO

中古ドメインのキーサードとGoogleサジェスト

中古ドメインの活用方法としてインデックスの活用があります。インデックスは検索サイトがウェブサイトを評価した結果であり、検索順位にも大きく影響します。インデックスが多ければ評価されているウェブサイトであり、逆にインデックスが無いウェブサイトは評価されていない、もしくはペナルティを受けている可能性が高くなってきますので中古ドメインを選ぶ際は要注意のドメインとなります。中古ドメインはインデックスを新しいウェブサイトでも引き継げることが分かっています。ただし、単にドメインを設定するだけでは意味がなく、インデックスで示されているパスを活かし、可能であればインデックスの内容に合わせたコンテンツを用意しておくと効果が持続すると期待されています。インデックスはキーサードも教えてくれます。一般的に検索サイトが巡回した際にコンテンツをどのように評価するかは分かっていません。そのため、コンテンツから作られたインデックスから判断するしかないのです。インデックスから分かることは主に2つです。1つはキーサード、キーサードについては検索を行う際のキーワードになりますからしっかり確認しておきたいです。また、実際に検索させてみるとGoogleサジェストも確認できますからGoogleが推奨するキーサードとサジェストワードが分かることになります。このワード類はコンテンツ作成において強い味方になってくれます。従来さまざまな手法でキーワードを探してきたのですがなかなか適切なワードとカテゴリの組み合わせが見つからない方が多かったようです。しかし、検索サイト側で提案してくれるのですからこれらのワードを使えば高い評価となりやすいと考えられます。