自社サイトを作る上で必ずやっておきたいSEO。サイトに使う中古ドメインを探すところからもう対策は始まっていると言ってもいいでしょう。より質の良い中古ドメインを見つけてSEO対策をしていきましょう!

中古ドメインの探し方から始まるSEO

中古ドメインがローカルユーザーの全てのリンクが大事

中古ドメインを選ぶ場合にアルファベット以外にチェックしたいのがバックリンクの多さです。バックリンクはブログなどウェブサイトからのリンクが注目されていましたが、昨今、急激に増えているのがSNSからのダイレクトリンクです。SNSといえばクローズドなコンテンツが多かったのですが、オープン系のコンテンツを持つSNSも増えており、特にウェブサイトを紹介する記事やツイートを公開できるSNSが人気です。これらのSNSではローカルユーザーが自由にリンクを作ることができ、作成されたコンテンツはオープンに公開されるだけではなく、リツイートやいいねなどでさらに拡散してもらえる機能が充実してきています。これらの拡散システムは検索サイトでの評価も高めることが分かってきており、全てのSNSで作られたリンクは高い評価を得やすくなっています。リンクについてはパスの形はチェックしておきたいです。リンクは切れていれば意味がありません。リンクをクリックしたら必ずコンテンツがある状態が理想です。しかし、リンクをすべて対応するのは難しいですから一般的にはCMSでの対応を行います。CMSでの対応とは相対パスの設定で行います。記事を作った場合にリンクをどのように作るかはCMSで設定できますのでリンクに合わせて記事を作ることでリンク切れを防いでくれます。また、CMSによってはリンク切れを防ぐ機能が搭載されている場合も少なくありません。SNSでのダイレクトリンクは出来る限り活かすことが大切です。検索サイトでのインデックス作成時間にも強い影響がありますし、検索順位も変わってきます。さらに全ての視聴者をサイトに留めるためにリンク切れは絶対に防がなくてはなりません。