自社サイトを作る上で必ずやっておきたいSEO。サイトに使う中古ドメインを探すところからもう対策は始まっていると言ってもいいでしょう。より質の良い中古ドメインを見つけてSEO対策をしていきましょう!

中古ドメインの探し方から始まるSEO

サテライトへの中古ドメインの適用時にzenback

zenbackはバックリンクを調査してくれますが、特に中古ドメインを購入する前に利用する方が増えています。中古ドメインは検索サイトによい影響があり、SNSなどのバックリンクも活かせると良いことづくめのアイテムと考えられていますが、実際には価格に関係なく、中古ドメインごとに評価がまったく違うことがわかってきています。アルファベット綴だけで選ぶ場合は効果を期待していない方が多いですが、さまざまなバックリンクの効果が欲しい場合は事前調査が重要です。中古ドメインの事前調査ではサテライトサイトに使うのか、メインサイトに使うかで調査対象が変わってきます。サテライトサイト向けの場合はインデックスのカテゴリのみを調査することも多いようです。メインサイトの場合はバックリンクも重要視する方が増えています。検索サイトでのインデックスについてはドメイン検索で判定できます。インデックスは検索サイトがウェブサイトをどのように評価しているかを示しており、コンテンツのカテゴリとキーワードが分かります。これらの情報は新規のウェブサイトのコンテンツ作りに役立てられますし、作り上げるコンテンツと合っている中古ドメインなのかも分かります。カテゴリが違うコンテンツをインデックスと繋げても効果は薄いことに注意しなくてはなりません。場合によってはインデックスが削除されて評価がなくなる中古ドメインもあります。バックリンクについても同様であり、zenbackなどでのサービスを利用してバックリンクを調査し、カテゴリをチェックします。リンクをクリックしてウェブサイトに訪れてくれた方をがっかりさせない工夫が大事であり、パスも合わせてリンク切れも防がなくてはなりません。